【解答速報】第108回保健師国家試験 2022年2月11日 解答発表 合格率 難易度 受験者の声

1.試験の概要

★試験日:2022年2月11日(金)
★合格発表:2022年3月25日(金)午後2時
★受験願書の配布:2021年10月中旬以降
★提出期間:2021年11月12日(金)~2021年12月3日(金)
★受験票の交付:2022年1月中旬

詳しくは、厚生労働省のHPで確認しましょう。

保健師国家試験の施行(厚労省HP)

2.試験内容

★試験科目

公衆衛生看護学、疫学、保健統計学、保健医療福祉行政論

★試験時間

 方式出題数時間
午前客観式一般問題40問75分
客観式状況設定問題15問
(2連問又は3連問)
午後客観式一般問題35問80分
客観式状況設定問題20問
(2連問又は3連問)

3.出題基準と合格基準

★出題基準

保健師国家試験の問題は、厚生労働省より発表される出題基準に基づいて出題されており、また、この出題基準は社会状況に応じて改正されています。
最新の出題基準に基づいた教材で受験準備をしましょう。

現在、「保健師助産師看護師国家試験出題基準 平成30年版」が発表されており、厚生労働省のHPでご覧いただけます。

★合格基準

一般問題を1問1点、状況設定問題を1問2点とし、合格基準を満たせば合格できます。
過去5年間の合格基準の推移を見てみましょう。

 合格基準
(得点/満点)
得点率
第107回86点以上/142点60.6%
第106回87点以上/144点
※問題の一部を採点から除外された受験生は86点以上/143点
60.4%
第105回87点以上/145点60.0%
第104回87点以上/144点60.4%
第103回85点以上/141点60.3%

※不適切問題のため合格基準は年により変動します。

おおよそ60%の得点が合格基準となっています。確実な合格を目指すなら、70%以上の得点を狙いたいところです。

4.合格率と合格者

★合格率

過去5年間の合格率の推移(下図)を見てみましょう。
合格率は80%台~90%台と、年によってかなりばらつきがあります。確実に合格を目指すならしっかり対策を取った方が良いでしょう。

https://www.tokyo-ac.jp/qualification/info-exam/info-exam03/

★合格者状況

 新卒者既卒者
第107回97.4%53.0%
第106回96.3%53.2%
第105回88.1%31.0%
第104回85.6%18.2%
第103回94.5%45.1%

学業に集中できる新卒者の合格率は非常に高いですが、既卒者の合格率は非常に低くなっておりますので勉強が必要です。

第108回保健師国家試験 解答速報 

回答速報は下記サイトで確認できます。日時など異なる場合がございます。

https://www.ikyo.jp/event/007

厚生労働省HP

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です