【小学生なりすまし】小学4年の女児(10)に、わいせつな画像などを送信させた佐藤元春(さとうもとはる)容疑者(32)を逮捕 顔は?

【小学生なりすまし】小学4年の女児(10)に、わいせつな画像などを送信させた佐藤元春(さとうもとはる)容疑者(32)を逮捕

スマートフォンの配信アプリで知り合った小学4年の女児(10)に、わいせつな画像などを送信させたとして、警視庁荻窪署は、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、名古屋市中川区高畑、無職、佐藤元春容疑者(32)を逮捕した。調べに対し「どの女の子のことで逮捕されたかわからないが、私がやったことだと思う」などと容疑を認めているという。

逮捕容疑は、令和3年6月2日、配信アプリ上で知り合った女児が18歳未満と知りながら、わいせつな画像などを複数枚、送信させたとしている。

荻窪署によると、佐藤容疑者は小学6年の女児になりすましてアプリに登録し、小学生の女児を物色。メッセージ機能を利用して被害女児と交流し、身体の発育の悩みがあるように装ったやりとりを行い、画像などを送らせていた。

佐藤容疑者は「小学校高学年から中学2年くらいまでの女の子にしか興味がない」などと供述。ほかにも複数のアプリを使用し、平成29年ごろから女児や少女ら約50人に画像などを送らせ、200枚以上を保存していると話しており、荻窪署が調べを進めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です