【ローカル線赤字】コロナの影響で億越え赤字がやばいとJR西日本が収支公表! それでも自治体からは「赤字だからと切り捨てるのか」と維持を求める声

【ローカル線赤字】コロナの影響で億越え赤字がやばいとJR西日本が発表! それでも兵庫県の自治体からは「赤字だからと切り捨てるのか」と維持を求める声こちらの記事が話題です。 車がないなど電車がないと生活ができない人もいるため赤字だからといって切り捨てられないのが現状だが、今後数年でローカル線は存続の帰路に立たされる。

新型コロナウイルス禍による経営悪化の影響が、地域住民の足であるローカル線にも及んだ-。
JR西日本は11日、乗客が少ない路線の収支を初めて明らかにした。
突き付けられたインフラ存続の危機に、対象となった兵庫県内の沿線自治体からは「赤字だからと切り捨てるのか」と維持を求める声が上がった。

 「赤字区間だけを切り取るのは、運営の見直しありきのように思える」。
播磨新宮-上月間の赤字額(2017年度から3年間の平均)が6億円だった姫新線の地元、兵庫県佐用町の庵逧典章町長はJR西の発表に首をかしげる。

 町民の生活圏は、鉄路を通じて姫路を中心とした都市部とつながる。
高齢化が進み、町外の学校へ通う高校生も増えている中で、「経営状況は理解できるが、生活の軸をなくされてはこちらも困る」と憤る。

 西脇市の片山象三市長も「加古川線全体の実態を反映した数値ではない」と公表方法に疑問を投げかけた。
西脇市-谷川間は赤字額(2億7千万円)や収支率などが示された一方、接続する加古川-西脇市間は対象外として明らかにされなかったためだ。

 JR西には、自転車の持ち込みを認めるなど利用促進に向けた経営努力を要求。
「南海トラフ巨大地震など災害時の迂回路としても鉄道は機能する」とし、防災面の重要性も強調した。

 公表された数字を「衝撃的」と表現したのは、香美町の担当者。
山陰線城崎温泉-浜坂間の赤字額は11億8千万円で、兵庫関連の4路線6区間で最も多い。

 町は今年4月、利用促進のため、町内の5駅を2人以上で利用した場合に往復運賃を助成する制度を創設したばかり。
「数字だけを見れば、違う輸送手段への移行が検討されるのも無理はない。
町民には、自分たちが乗らなければ路線を守れない、という危機意識を持ってもらう必要がある」と話した。

 播但線和田山-寺前間の赤字額は7億3千万円。
朝来市の藤岡勇市長は区間を通過し、城崎温泉など兵庫の日本海側を訪れる観光客が多いことを挙げ、
「県にも働きかけて存続に努めたい」と述べた。
斎藤元彦知事はコメントで、ローカル線の実情や課題は線区ごとに異なると指摘し、
「(JR西に対し)県や沿線市町と丁寧な議論を進めるよう求める」とした。(まとめ・小川 晶)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8fe74a25e4562a34cf768169976253e6736bd4cd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です