【文春】石川県加賀市・山代温泉名門旅館「雇用調整助成金」巨額不正を従業員が告発 「タイムカードを押すなと徹底されていた」

石川県加賀市・山代温泉で旅館「瑠璃光」「葉渡莉」を経営する「よろづや観光」が「雇用調整助成金」巨額に不正し、申告していない事が従業員の告発と週刊誌の調べで明らかになった。

「コロナ禍で約15カ月の休館期間中も、約20名いる幹部は補助金申請や通販業務、館内整備等に追われていた。月の出勤日数はコロナ以前並の22日前後でした。しかし、そのほとんどが“休業日”としてタイムカードを押さぬよう徹底されていたのです。中には会社の指示を無視してタイムカードを押し続けた社員もいたため、会社が作成した時間外申請書と齟齬が生じ、労働局にとって動かぬ証拠となった。ただ、これは氷山の一角。不正の総額は2000万円どころではないのです」

https://bunshun.jp/articles/-/55304