埼玉県川越市のネットカフェ(漫喫)「快活CLUB川越脇田新町店」で立てこもり事件発生 場所 犯人の顔 名前

21日午後10時頃、埼玉県川越市のインターネットカフェ「快活CLUB川越脇田新町店」で、立てこもり事件発生

関係者によるりますと、男は、女性店員一人に刃物を向け人質にとり店内に立てこもっているということです。店内にいた客は避難し無事だということです。

 22日午前0時00分現在、犯人はおパトカーなどの捜査車両に囲まれているという。男が立てこもりに及んだの目的などはわかっていない。

 埼玉県内では昨年6月にさいたま市のインターネットカフェで、客の40歳の男が17日から丸1日以上、20代の女性従業員を人質に取って立てこもりをした事件が発生していた。

 事件の現場は川越駅から南西に約1・1キロ進んだ国道16号沿いにある。

これを受けネットでは

さっき送迎してるときすごい警察いるなと思ったらこんなことが。

引きこもり と 立てこもり 似た言葉ですが凶暴さは真逆ですね。

朝早いのでこれで寝ます。起きたら川越の立てこもりが捕まっていますように。

ええっ、川越のネカフェで立てこもり去年は大宮のネカフェで立てこもりがあったというのに。

などといった声が上がっている。

まだ昨年あった立てこもりの印象が強いようだ。

立てこもりの罪

まず、人質を取って立てこもり何らかの要求を行った場合、「人質による強要行為等の処罰に関する法律」という法律に違反する可能性があります。
この法律では、人質を取って第三者へ何らかの要求をする行為を規制しており、このうち「人質強要罪」となれば6月以上10年以下の懲役刑、それを2人以上で凶器を用いて行った場合にはさらに重い無期又は5年以上の懲役刑に処されます(なお、人質を殺害した場合にはさらに重い「人質殺害罪」となります。)。また、立てこもりをする際に建物内に不法侵入している場合、刑法上の建造物侵入罪にも当たる可能性があります。
そして、立てこもりの際に凶器を使用していれば銃刀法違反が成立するおそれもありますし、人を傷つけていれば、暴行罪や傷害罪殺人罪や殺人未遂罪等の暴力犯罪が成立する可能性が出てきます。

https://kyoto-keijibengosi.com/tatekomori-nanizai-kyotofu-joyoshi-keijijiken-taiho-bengoshi/