観光船沈没事故・行方不明の二人のDNA型が一致ロシアの鑑定で明らかに 

DNA型が一致したのは曽山聖、甲板員と女性のもの、遺体引き渡し後日本で再度身元の確認をする方針だ。

 海上保安庁は24日、北海道・知床半島沖の観光船沈没事故後、ロシアが実効支配する北方領土・国後島で見つかった男女2人の遺体と、事故で行方不明となった2人のDNA型が一致したとの連絡が、ロシア側からあったと明らかにした。遺体の早期引き渡しに向けて調整を進めている。海保によると、いずれも行方不明の曽山聖甲板員=事故当時(27)=と女性3人について、DNA型のデータをまとめ、外交ルートを通じて9日にロシア側へ提供。ロシア側が鑑定を進めていた。引き渡し後は、日本側で再度身元の確認をする方針。

共同通信