【動画】楽天・西川遥輝 怠慢プレーで懲罰交代!真喜志ヘッドコーチがブチ切れ

西川遥輝 怠慢プレー

4日に行われた、ロッテ戦で10点リードの5回1死で、

岡が放った打球が左中間を抜けた。

左翼手西川遥輝が打球を追う際に問題の場面はことずれた、

明らかに打球を追う足が明らかに遅く、

2塁打に止められるはずの打球が3塁まで進塁を許してしまったのだ。

10点リードの5回1死で、岡が放った打球が左中間を抜けた。左翼手西川遥輝が、打球を追う際にもたつき、三塁打に。続くエチェバリアの中犠飛で1点を失った。直後の5回無死一塁で、西川を代え、代打に武藤を送った。4回には、守備でフェンスに激突する場面もあったが、真喜志ヘッドコーチは「遥輝のあのプレーで1点は取られましたけど、あれがなければ0点ですからね。フェンスにぶつかってどこか痛いかもわからんけど、あんな追い方されると見てる方も気分悪くなるので代えました」と厳しかった。

どんな状況でも集中力を切らさないことを求める。「やっぱり(試合に)出ている以上は見ている人が納得するプレーをしてもらわないと。ベンチにいる人も『なに』ってなっても困るのでそういうところです」と引き締めた。
引用元:www.nikkansports.com(引用元へはこちらから)

これを受けネットでは様々な意見が上がっている、日ハム時代から西川遥輝は全力疾走を怠ることがあったという。がファンからは本性を現したなという声や、10点リードの試合で全力プレーで怪我でもしたらどうs流という声も上がっている。

  • 真喜志康永ヘッドコーチ(現在は監督代行)は、西川遥輝の2年目までは北海道日本ハムのコーチだったから、プレーのクセや性格も熟知しているのだろう。西川は30歳になり、すでに12年目の立派なベテランだが、一年でも長くチームに必要な選手であるためには、こういう視線を向けてくれる真喜志コーチのような存在を大切にしなければならない。また、昨年からパンチ力と足はまずまずでも、打撃面での確実性が見られなくなっているだけに、上昇気流に乗れるきっかけもつかんでもらいたい。
  • もともと攻撃の采配に関しては石井監督も真喜志さんに一任してたので、あまり大きく変わらないだろうと見ていたが、確かに作戦面で大きく変わった印象はない しかしこれは盲点でした。いくら攻撃の采配を一任されているとはいえ、懲罰交代までは流石に越権行為なのでできなかったということですね しかも移籍のベテランにビシッと厳しく対処してくれたのは本当にありがたい。間違いなくチームも引き締まるでしょう 石井監督も自分が管理してる投手部門に関しては選手に厳しいコメントもしてましたが、いざ野手に対しては遠慮があったのかコメントも甘い印象でした 今の時代、厳しいだけではついてこないだろうけど、真喜志さんは厳しさと優しさを併せ持った指導者です。石井監督が悪いとは言わないが、負担を考えたらGMとの兼任はやはり無理がある。正式な真喜志監督就任も検討してはどうだろうか
  • 非表示・報告あの三塁打は十分に二塁打に出来たものだった。 直後の犠牲フライ。大量リードだから、一失点だからという人は 本質をわかっていない。 投手の自責点は査定に響くもの。西川のあのプレーは岸投手に 無かったかもしれない自責をつけてしまった。 それだけじゃない。 攻めてエラーするならともかく、のんびり走ってボールを捕りに行くなど プロの選手がすべきことではない。 仲間も観客も見ている。 真喜志代行が問題にしたのは、 ベンチで見ている若手の控え選手に、ベテランがどう映るかということ。 岡島が、鈴木大地が、川島慶三があんな怠慢をするだろうか。 彼らの気を抜いたプレーなど見たことがない。 西川は日ハム時代から再三、そのことを栗山監督にも指摘されている。 チームには厳しさも必要。真喜志代行はよく言ってくれました。
  • 非表示・報告そのくらい厳しくしないとダメだと思う。やはり競争の世界で甘やかしていると連敗中の結果になると思う。真喜志代行になってから選手のヤル気や楽しんで頑張っている感じが見られてきた中での緩慢プレーを許していたらまた他にも悪い影響に繋がる。浅村の見逃し方も見ている方は嫌気がさす。石井だったらベテランには許して使い続けたでしょうね。とにかく選手を贔屓なしで代行が見ていると選手も頑張りようがあると思う。采配にしても、3点目を確実にスクイズで取りに行くことで、次の打者も気楽に打席に立てたと思うし、相手ピッチャーに与えるダメージもある。石井なら強行で点が入っただろうか?確実に点を取りに行く姿勢も選手のヤル気に繋がって生き生きして来ていると思う。
  • 報告懲罰なのか、単に大量リードでお役御免なので交代なのかのどっちかだとは思ったが。 西川があーいうプレイをするということは今のチーム内でそういう怠慢をしても許されるという雰囲気があった可能性が高い。楽天にはそういう厳しさが前々から足りなかったので監督代行にはそのあたりをバンバン押し出して、来年から正式監督に昇格を推されるくらいの指導力を発揮して欲しい
  • これが妥当ではないか。 やはり緩慢なプレー、全力を尽くしてないプレー見られればすぐ交代すべきだと思う。やはりチームの雰囲気も壊れるし、やはり今後の選手のためにもならない。 たとえどんなスーパースターであろうともそう言ったプレーは許されない。 なので今回の真喜志さんの判断は妥当だと思います。
  • チーム全体、試合の流れもしっかりと見えていて真喜志ヘッドの采配には安定感がありますね。やはりだめなものはダメとしっかり釘をさすことも指揮官の大事な仕事だと思います。仲良しチームではいけないです。 今日のスタメンで西川を使うのか?私は西川に反省の色がなければスタメンから外しても全然いいと思います。逆にチームカラーには合わないので、 今後も考えしっかり反省して行動でアピールしてほしいです。 2カード連続の勝ち越し、打撃陣に調子が出てきたこと、それと采配が広く細やかになってきたこと、見ていてわかりますね。
  • 栗山ハム時代から、中田と西川は全力疾走を怠るそういう所あったんだよね。中田はそもそも走力で勝負する選手でないから過去にも他球団にも居たからまあそうだよねとは思ってたけど走力が武器の西川がそういうことをすると違和感はあったんだよね。まあ見る人が見たらそうなるよね・・・。そういう姿勢が戦力外になったんだから見直すべきかな。まあ一番は栗山さんが甘やかしたのが悪かったんだけどね・・・。去年は、メジャーに行けなかったからってふて腐れたプレーが目立ってたしね。そのプレーが戦力外に繋がったってそろそろちゃんと理解して態度を改めた方がいい。怪我してるならしっかり治るまで休むべき。中田みたいに走らなくても打てばいい選手ではないんだし。
  • 余裕で勝ってるからなのか、たしかに三塁打になるほどではないプレーを三塁打にしてしまった感は否めない。 勝敗は余裕だとしても、その1点が査定に響く投手だっているかもだし、あのプレーは良くなかった。でもファインプレーもあったし、西川が復調しないと多分優勝は無理だから、あの三塁打のとこだけ、監督代行の言ってること、素直に受け入れて反省お願いします。