【解答速報】1級・2級アマチュア無線技士2022年 8月期 合格率、正答、解答、難易度、試験内容

合格率

1級に比べ2級が大幅に合格率が上がる傾向にあります。

第1級アマチュア無線技士

「無線従事者試験の実施結果」によると、令和2(2020)年度の1アマ国家試験の合格率は28.0%(合格者300名)となっている。 これは前年度よりも合格率で7.3ポイント悪化、合格者は370名減少している。

第2級アマチュア無線技士

平成29年度の修了率(合格者/受講者)は 78%、合格率は(合格者/失格者を除く受講者)は 97%となっています。



近年合格率は、
一級:28.0%
二級:53.7%
三級:81.3%
四級:82.0%ほど。
受験者集も多く、点字による試験も実施されています。
過去に似た問題が出題されますので、何度も解くなど、しっかりとした対策を行っておきましょう。

【一級】近年の合格率推移
年度受験者数合格者数合格率令和2年度1,073  300  28.0%  令和1年度1,481  523  35.3%  30年度1,585  670  42.3%  
【二級】近年の合格率推移
年度受験者数合格者数合格率令和2年度570  306  53.7%  令和1年度734  351  47.8%  30年度824  395  47.9%  
【三級】近年の合格率推移
年度受験者数合格者数合格率令和2年度1,305  1,061  81.3%  令和1年度1,996  1,600  80.2%  30年度1,950  1,536  78.8%  
【四級】近年の合格率推移
年度受験者数合格者数合格率令和2年度1,697  1,392  82.0%  令和1年度2,814  2,214  78.7%  30年度2,599  2,047  78.8%  

受験資格

制限なし


試験内容

●一級(25問/2時間)

  • ① 無線工学(30問/2時間30分)
  • ② 法規(モールス電信の理解度含む)(30問/2時間30分)

●二級(25問/2時間)

  • ① 無線工学(25問/2時間)
  • ② 法規(モールス電信の理解度含む)(30問/2時間30分)

●三級

  • ① 法規・無線工学(16問・14問/1時間10分)

●四級

  • ① 法規・無線工学(12問・12問/1時間)

☆過去問はこちら


合格基準

●一級

  • ① 無線工学:150点満点中、105点以上
  • ② 法規:150点満点中、105点以上

●二級

  • ① 無線工学:125点満点中、87点以上
  • ② 法規:150点満点中、105点以上

●三級

  • ① 無線工学:70点満点中、45点以上
  • ② 法規:80点満点中、55点以上

●四級

  • ① 無線工学:60点満点中、40点以上
  • ② 法規:60点満点中、40点以上

解答速報

下記リンクで解答速報を確認できます。速報の公開はサイトによって異なります。

試験問題と解答 | 公益財団法人 日本無線協会

第三級及び第四級アマチュア無線技士を除く、21無線資格の過去1年間の国家試験の問題と解答を掲載しています。

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!