【悲報】下関国際(山口かき氷国際)ベンチ入りメンバー18人中17人が県外選手とアンチが勝利後に騒ぎ出す

センバツ王者の大阪桐蔭(大阪)が、9回逆転負けを喫した。1点リードで迎えた9回に、1死二、三塁で前田 悠伍投手(2年)が、下関国際(山口)・賀谷 勇斗内野手(3年)に、中前への2点適時打を浴びて逆転を許すと、その裏の攻撃も得点を奪えず敗れた。  史上初の3度目の春夏連覇を狙った大阪桐蔭の夢は準々決勝で途絶えた。

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!