【訃報】映画監督•小林政広さんが死去 死因は自殺の可能性は?「バッシング」がカンヌ国際映画祭出品

7日、訃報、映画監督の小林政広(こばやし・まさひろ)さんが8月20日、死因は、横行結腸がんで死去したという。68歳だった。告別式は近親者で済ませたといい。

東京都出身。フォーク歌手、脚本家を経て1996年に監督デビュー。カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された「バッシング」(2005年)や、ロカルノ国際映画祭で最高賞の金豹(ひょう)賞を受けた「愛の予感」(07年)などを監督し、海外でも高く評価された。近年は「春との旅」(10年)「海辺のリア」(16年)など、仲代達矢さんの主演作を手がけた。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/22808390/

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!