コロナ飲み薬、【ラブゲリオ】一般流通開始 公費負担 副作用は?

ラゲブリオは重症化リスクのある軽症、中等症の患者らが対象の治療薬。

2021年12月、軽症者用の飲み薬として初めて特例承認された。これまでに43万人以上に投与された。従来は供給量が限られていたことから必要とする医療機関などに国が無償で配布してきた。一般流通の開始は、薬の生産体制が整い、安定供給できる見通しが立ったため、という。

金額は1カプセル(200ミリグラム)当たりの薬価は約2357円。18歳以上で4カプセルを1日2回、5日間服用すると、1日の薬価は約1万8862円だが、

公費負担となる為患者の自己負担は生じない。同社によると、対象患者は22年度で約15万人、販売額は138億円と予測している。

https://news.livedoor.com/article/detail/22818839/

副作用

副作用は、全ての薬にあるようですが、ネットなどの情報を見てみましょう。

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!