【水ダウ】おいでやす小田が可哀想 閉所恐怖症界隈で炎上 あれはマジで無理、番組把握してなかったの? 閉所恐怖症治療方法が明らかに

21日放送された水ダウのお化け屋敷企画で、おいでやす小田が閉所恐怖症であるにもかかわらず狭い場所に閉じ込めらたシーンが話題となっています。

閉所恐怖症

閉ざされた狭い空間・場所にいることに極度の恐怖を感じる症状のことである。 落盤や突然危険な動物の巣に出くわす等して、小さな穴の中に閉じ込められ、自分の身を守ったり逃げたりできない状況は閉所恐怖症を引き起こし、prepared phobiaとなりうる。 狭い空間・場所に対して過敏な反応を見せる恐怖症は他にも存在する。

閉所恐怖症の克服法治療法はある?

閉所恐怖症の治療法は、薬物療法と精神(心理)療法があります。 ただ薬物療法は、一時的に症状を抑えるだけで、根本から克服することはできないので、継続的に薬を薬用しなければなりません。 精神療法としては、カウンセリングを受けることが効果的になります。

閉所恐怖症の治療はどちらも基本的に行動療法が効果を発揮します。この治療は、程度の軽い恐怖から高度な恐怖に向かってくり返し暴露するものです。雷恐怖などは実際に暴露することが難しいので、筆者のクリニックではバーチャル・リアリティーを利用して行動療法を行っています(※)。

 恐怖症のもう一つの治療法は薬物療法です。長期的治療としてはSSRIという抗うつ薬を持続的に服用することにより恐怖症体質が改善していきます。ご質問のMRI検査を受けられる場合にはこのような長期的治療は適応になりません。抗不安薬を検査の1時間前に内服するか、検査直前に静脈内投与を受けると不安・恐怖はほとんどおこりません。

http://www.tokyocyberclinic.com/

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!