宮城県内の東北自動車道古川ICと築館ICの間で複数の車両が絡む多重事故が発生

警察によりますと19日正午ごろ、事故が発生し、複数の負傷者が発生しているとみられています。 事故の影響で古川ICと築館ICの間では100台ほどが立ち往生しているということです。 現場付近の大崎市古川では正午ごろに、1月としては観測史上最も強い最大瞬間風速で27.8メートルの暴風を観測していました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です