青森県で12人感染者 クラスターが発生した東群介護施設名が明らかに

青森県は28日、新たに12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。八戸市5人、弘前保健所管内3人、東地方管内2人、青森市、上十三管内各1人。このうち東地方管内の80代以上男性と青森市の50代女性は、東郡の介護施設利用者・従業員の濃厚接触者。この介護施設関連の感染は6人になった。県内の感染確認の累計は944人。  10代の感染者は八戸市2人、弘前管内、東地方管内各1人、10歳未満は八戸市2人だった。いずれも県内陽性者の濃厚接触者。県によると、この6人全員が同じ場所で接触することなどはなかったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です