同僚をナイフで60箇所刺した男懲役23年に 顔写真、実名公開⁈

兵庫県養父市で昨年8月、男性会社員=当時(21)=を殺害して遺体を放置したなどとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた元同僚の無職の男(29)=同市=の裁判員裁判が3日、神戸地裁姫路支部(渡部五郎裁判長)であり、検察側は懲役23年を求刑した。弁護側は「突発的な事件だった」などと懲役14年を求め、結審した。判決は9日。

起訴状によると、男は昨年8月29日、養父市内の駐車場に止めた乗用車内で、男性会社員の首や胸などをナイフで刺して失血死させ、同市内の空き家に遺体を遺棄したほか、事件2日後に男性会社員のキャッシュカードを使い、現金2万円を引き出したとされる。

検察側は論告で「男性会社員の体に60カ所以上の刺し傷などがあり、強固な殺意があった」と指摘。「動機も身勝手で、計画性も認められる」とした。弁護側は「被告は事件前のトラブルで男性会社員から責められ続けるなど、追い詰められていた」と主張した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です