東広島市の県道で、大型トラックと自転車が衝突する事故辰原悠樹(たつはらゆうき)さん(19)が死亡 犯人、顔写真実名公開

東広島市の県道で、大型トラックと自転車が衝突する事故があり、自転車に乗っていた19歳の男性が搬送先の病院で死亡しました。

警察によりますと、午前6時50分ごろ、東広島市八本松町原の県道67号線のT字路で大型トラックが自転車と衝突する事故がありました。
この事故で自転車に乗っていた三次市に住む作業員、辰原悠樹さん(19)が頭などを強く打ち病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。
大型トラックを運転していた40代の男性は、勤務中でケガはありませんでした。

現場は、信号機のない緩やかなカーブで、大型トラック側が優先道路でした。警察は大型トラックの運転手から話を聞くなどして事故の原因を詳しく調べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です