【拡散希望】警察から警告メッセージが届いたか!?【殺害予告がとうとう消される】関西学院大生 横浜駅での無差別殺人予告 

【追記】とうとう殺害予告の文章が消される

ストーリでは、意味不明なやりとりが載っており完全にイかれているとしか考えられない文章が。。。

どうやら11月7日9時に犯行日を変更したらしい?

11月5日無差別大量殺人を予告する投稿があるとネットでは話題になっている。

今回の殺害予告だが、デマや乗っ取りという情報が有力だが、横浜駅て注意は必要だろう。しかし、ネットで殺害予告をするだけで罪になる。

警察も動いているのであれば、犯人は捕まるはずだ。

今年東京でもツイッター乗っ取りで同じような予告があった。

全学連とは?

全日本学生自治会総連合の略称。第二次世界大戦後の日本の学生運動は、学園民主化闘争(1945~46)で復活し、大衆的な自治会運動として発展した。1948年(昭和23)9月、全国の145大学によって全学連が結成され、以降、党派的分裂を繰り返しながらも、日本の反体制運動や革新運動に欠くことのできない政治的、社会的な地位をもって多様な運動を幅広く組織した。しかし、60年代以降、四分五裂の状態となり、今日まで複数の全学連組織に分解して担われてきており、かつてのような力はなくなっている。

2021年11月5日、関西学院大学4年生の片桐広二郎氏という人物がインスタで「11月5日21時に横浜で殺害予告」を打ち出しました。

片桐広二朗氏の殺人予告、実は警察から警備を遠ざけるおとりの可能性が浮上しており、真の狙いは「関東学院高校同級生への復讐」説が新たに浮上しています。

結論!片桐広二郎殺人予告はなりすまし!「関東学院高校関係者が真犯人か」

片桐広二郎氏は「11月5日21時横浜駅で大量殺人を犯す」と殺人予告を語っていました。

結局起こりませんでしたが、片桐広二郎氏は殺人予告を「11月6日」に変更して五十嵐剛氏に謝罪の文面を要求する様なコメントを残していました。

片桐広二郎氏の殺人予告のインスタ内容について、ツイッター民は「犯人は関東学院の学生ではないか??」と語っています。

断定はひかえておきますが、『横浜駅の殺害予告、安心してください完全になりすましですね。
殺人自体はデマだと思います。

犯人は関東学院高校の同級生とか後輩辺りかと。』

片桐広二郎氏の殺人予告は「なりすまし」の情報が既に出ているものの、ツイッター民は「犯人は関東学院高校の同級生か後輩ではないか??」と語っています。

おそらく警察からの捜査が始まって本人にメッセージなどで警告がいったのかもしれません。

今回の件は、犯罪行為であるため、警告のメッセージを送るはずです。

もちろん、捜査に動けば、IPアドレスを特定し、住所なども特定できてしまうため、送られたメッセージに怖気付いて文章を消したのかもしれません。

11月7日の19時頃には殺害予告文章は消されていました。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です