【放火未遂】福岡市博多区の無職、三宅潔容疑者(69)が放火未遂の疑いで逮捕 顔写真

8日、熊本県内を走っていた九州新幹線の車内で、69歳の容疑者が床に火をつけたとして逮捕された事件で、新幹線の非常ブザーが熊本駅を出発しておよそ5分後に作動していたことなどから、警察は、容疑者が熊本駅から乗車後すぐに火をつけたとみて、動機や詳しいいきさつを調べています。

8日午前9時前、JR熊本駅と新八代駅の間を走っていた下りの九州新幹線の車内で、床に液体をまいて火をつけたとして、福岡市博多区の無職、三宅潔容疑者(69)が放火未遂の疑いで逮捕されました。

火は燃え広がらずに消え、新幹線の車内にいたおよそ140人にけがはありませんでした。

これまでの警察の調べで、三宅容疑者が熊本駅からの乗車券を持っていたことがわかっていますが、JR九州によりますと、新幹線の非常ブザーは熊本駅を出発しておよそ5分後の午前8時42分ごろに作動していたということです。

警察によりますと、調べに対し容疑を認め「先月、東京の京王線の車内で乗客が火をつけた事件をまねしようと思った」などと供述しているということで、警察は、容疑者が熊本駅から乗車後すぐに火をつけたとみて、動機や詳しいいきさつを調べています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211109/k10013339501000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です