【速報】au通信障害の原因が判明トラヒックの輻輳(ふくそう)とは?復旧時間は未だ不明

トラヒックの輻輳とは

回線を共有することで、利用率が低い時には高い性能を出せますが、多重化が進み、全体の利用率が上がるにしたがって、利用の衝突が増えて性能が落ち、ついには渋滞状態に至ります。 そのような通信の渋滞現象を「輻輳」と呼びます。

図版4 網終端装置がボトルネックとなっている(出典:日本プロバイダー協会の資料「インターネットの速度低下における主な課題と当協会の取り組みについて」から抜粋)

KDDIは午後5時過ぎに、通信障害の原因について初めて発表しました。 2日の未明に、データ通信網を利用して音声通話を行うための設備に障害が発生し、通信に混雑状況が生じことが原因だということです。 また、iPhone利用者の一部でデータ通信が使えるようになったケースがあると明らかにしました。 復旧時間や規模などは詳しくは分からないとしています。 ただ、音声による通話は、依然つながりにくいということです。 一方、アンドロイド端末では通信の混雑を防ぐために、通信量の規制をしているため、音声通話もデータ通信も利用しづらい状況ということです。

yahoonews

公式HPで以下のように原因を発表

1.日時
  2022年7月2日(土) 01時35分頃から継続中

2.対象サービス
  au携帯電話、UQ mobile携帯電話、povo、au回線利用事業者

3.影響エリア
  全国

4.原因
  2022年7月2日(土)未明の設備障害により
  VoLTE交換機でトラヒックの輻輳が生じております。

5.影響
  トラヒックの輻輳を軽減するため、流量制御などの対処を講じており、
  個人・法人のお客さまの音声通話およびデータ通信がご利用しづらい状況が発生しております。

  ※緊急電話もご利用しづらい状況が発生しているため、固定電話、公衆電話など
   ご利用くださいますようお願いいたします。
  ※通信障害に伴い、現在KDDIお客さまセンターをはじめ各お問合せ窓口が大変混雑しております。
   ご迷惑をおかけしますが、しばらくたってからおかけ直し頂くようお願い申し上げます。

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!