お店の豆知識|トラットリアやビストロはどういう意味か?


よくイタリアンを食べに行くとトラットリアやリストランテなどという言葉を目にするかもしれない。それは店の格式や雰囲気を表す言葉になる、一挙に解説。

ビストロ

フランス語で「小さな料理店」という意味で、レストランよりもカジュアルで形式ばらず、ワインや料理が楽しめる形態が特徴。お洒落な響きに聞こえますが、フランスの気軽に利用できる小料理屋、居酒屋になります。

ブラッスリー

ブラッスリーとはフランスのビアホールのように酒と食事を提供する店を指します。ビストロよりもさらに手軽な店だがカフェよりは上のように言われますが、格付けは曖昧。アルコールに合う料理などを取り揃えているので、軽い食事とアルコールを楽しむことができます。

グランドメゾン

格式の高い、超高級フランス料理店を指すします。日本で定着している言葉で、グランメゾンという言葉そのものは、フランスでは使われていません。

トラットリア

トラットリアとはイタリアの気軽に入れる食堂、大衆食堂みたいな雰囲気や家庭的な雰囲気を持つお店を指します。

ピッツェリア

ピッツェリアとは、ビザの専門店の事を指します。イタリアでピッツァというととても庶民的で、ファストフードのように気軽に味わうことのできる食事になっています。イタリアではどこのお店でもピッツァを食べられるというのは大の間違いで、コース料理を提供するようなリストランテではピッツァを食べることはできません。

リストランテ

イタリア語でレストランの意。一般的にトラットリア、ピッツェリア、オステリアに比べ高級で、コースで食事が提供されます。

エノテカ

イタリア語で、「ワインを主体にしたレストラン」、「ワイン酒蔵」、「ワイン展示館」、「貴重なワインコレクション」という意味。イタリアでは、特に地元のワインを中心に扱う店のことを指します。

バル

バルはイタリアやスペインなどの南ヨーロッパにある、お酒やコーヒー、軽食が楽しめるお店。地域の人々のコミュニケーションの場にもなっていて、カウンターで立ち飲みするスタイルが多いです。バルと言いますが、表記は「Bar」になります。イタリアでは、高級レストランがリストランテ、大衆食堂はトラットリア、居酒屋をオステリアと呼び、ピザ屋をピッツェリアと呼んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です