【速報】コロナウイルスの影響で給付金をもらえる条件まとめ|月収8万円以下


コロナウイルスによる収入減世帯現金給付30万円条件

現在わかっている給付金の対象となる世帯は以下の通りだ。

給付金の条件が 住民税非課税世帯… 年収1人世帯で100万以下 3人世帯で200万以下

生活保護以下 ・1世帯(4人家族の場合)年収255万円以下=住民税非課税世帯 ・所得制限を定め(年収300万円以下か)収入が5割程度(150万円程)以下に急減した世帯 ・追加情報、それを月収(15〜20万円以下か)で換算

今回のコロナウイルスの影響で、日本国民がなんらかの形で家計への影響を受けているはずなのが、住民税非課税世帯というのは一般市民にはあまりにも厳しい条件となっている。

この情報はあくまでも政府が発表した、住民税非課税世帯を対象に換算したもので、確実に決定したものではない。

給料で行くと月収8万円以下というのが目安だ。例えば月収20万円のサラリーマンが9万円に給料が下がっても給付金をもらえない計算になる。

今回のコロナウイルスの影響で、減給になった方たちのサポートがあるかどうかあまり期待はできないが今後政府の動きが気になるところだ。

今後これらの決定は、4月7日にまとめる経済対策に盛り込まれる予定です。

その後、2020年度補正予算案として、衆議院・参議院で審議された後に、予算が成立。

予算成立後に公募の詳細が明らかになり、公募が行われるスケジュールです。

東京新聞の記事によると、5月中から給付が開始される見通しですので、4月には予算成立し、公募が開始されるものと推測されます。

ネットでの声は・・・

給付金がもらえる条件のハードルがあまりにも高いため、非常に残念な意見が飛び交っている。マスク2枚の政策といい、国民の不満を煽ることばかりを行っている。このままだとデモに

横浜では自粛反対デモが起こっているよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です