【速報】茨城県風俗デリヘル・パチンコ店他を休業要請4月18日より


茨城県は17日、パチンコ店やキャバレー、ナイトクラブなどの遊興施設の休業要請を18日から実施すると発表した。(5月6日まで)

【県が示した休業要請する施設の具体例】

■遊戯施設
パチンコ店

■遊興施設等
キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、スナック(接待を伴うものに限る。)、バー(接待を伴うものに限る。)、ダーツバー、パブ、性風俗店、デリヘル、アダルトショップ、個室ビデオ店、カラオケボックス、ライブハウス

■劇場等
劇場、観覧場、プラネタリウム、映画館、演芸場

■運動・遊技施設
スポーツクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、マージャン店、ゲームセンター

主に3密となる恐れがある空間はゴールデンウィーク期間休業となるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です