千葉県松戸市矢切殺人事件、犯人鈴木茂容疑者(48)の顔写真、動機が明らかに

6日朝、千葉県松戸市のアパートで男性が頭から血を流して倒れているのが見つかりその後、死亡しました。
警察は、現場にいた都内に住む48歳の男を男性を殴って殺害した疑いで逮捕しました。

6日午前7時ごろ、松戸市上矢切のアパートの一室で「男性が頭を金づちで殴られ気絶している」と消防に通報がありました。
警察などが現場に駆けつけると、60代から70代とみられる男性が頭から血を流して倒れていて、病院に搬送されましたがまもなく死亡しました。
警察は、現場にいた東京・葛飾区の自称・無職、鈴木茂容疑者(48)から事情を聞くなど捜査を進め、男性を殴って殺害した疑いで6日夜、逮捕しました。
2人は知人とみられ、調べに対し、鈴木容疑者は容疑を認めているということです。
警察は、男性の身元の確認を進めるとともに、詳しいいきさつを調べています。
現場はJR松戸駅から南西に2キロほどのところにある住宅街です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です