東京都立川市ホテルで男女死傷事件で、ホテル名、少年の顔写真、実名公開

東京都立川市のホテルで男女が刺されて死傷した事件で、少年(19)=東京都あきる野市=が2日に殺人未遂容疑で逮捕された際、現金21万円を所持していたことが捜査関係者への取材で判明した。また、事件直後とは異なる服装だったが「逃走中に新しい服を買った」とも供述している。警視庁立川署捜査本部は逃走資金の可能性があるとみて調べる。

少年は2日午前11時半ごろ、あきる野市内をスクーターで移動しているところを捜査員に発見され、羽村市内で下車したところ、職務質問を受けた。捜査関係者によると、現金21万円が入った財布や本人名義の通帳、カード類などを持っていた。一方、近くの木にはロープが掛けられ、周辺に血のついたティッシュが落ちていた。少年はロープを掛けたことを認め「死ぬつもりだったが死にきれなかった」と説明しているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です