拡散、拡散希望!和歌山県紀の川市立西貴志小学校の6年生女子がコロナワクチン摂取後死亡学校側は隠ペイか?ワクチンの服反応、ガン発症最新情報

先月、和歌山県紀の川市立西貴志小学校の6年生女子が、
新型コロナワクチン接種4日後に亡くなったそうです。

学校側は事実を隠蔽しているようで、

また、マスコミも報道を避けているようです。

またなくなった女児の母親はいんぺいしていることを

拡散してほしいとのこと、怒りをかんじているようです。

世界でもワクチン接触後子供が死亡した例がたくさんあるようです。多くの子どもたちは死亡したり重篤状態に陥っています。

ワクチンのガンリスク

ライアン・コール博士によると、アイルランドの家庭医が、40年間に1度も見た事がないような不可解なガンを、6週間でいくつも発見しているという。そのガンは、非常に進行が早く攻撃的と語っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です