コロナワクチン接種20代、30代死亡例まとめ 若者ワクチン死者数

今回の記事は新型コロナウイルスワクチンでなくなった20〜30代の

死因や、ワクチンとの因果関係について

正直お年寄りは持病が悪化して死亡するケースが多い、

コロナワクチンの副反応により持病が悪化したものとみられる、

20代、30代でもファイザー社のワクチンを接種して死者がかなり出ているようなのでみていきたい。

ケース1

26歳男性 心肺停止により死亡

男性は2022年4月28日に1回目の接種を行い、5月3日になくなった。

偏頭痛の薬を併用しており、ベンゾジアゼビン系の睡眠薬も併用していたようだ。

男性は他の病気で死亡したわけではなく、コロナワクチン接種の影響を受けなくなったようだ。

ケース2

34歳男性肺動脈血栓症により死亡

男性は2022年4月21日に1回目の接種を行い5月5日に死亡が確認された。

こちらの男性はワクチンとの因果関係は不明

ケース3

28歳男性 急性心機能不全により死亡

男性は2021年6月8日に1回目の接種を行い2021年6月9日になくなった。

男性は、心機能不全の病気による死亡と発表されているが、

ワクチンの因果関係が100パーセントないわけではないものとする。

ケース4

34歳男性 急性心不全により死亡

男性は5月21日急性心不全により死亡

男性は、心機能不全の病気による死亡と発表されているが、

今回病院側ではワクチンとの因果関係は不明としている。

ケース5

22歳男性 致死性不整脈により死亡

2021年6月19日に2回目の接種をし6月19日に死亡が確認された。

医師はこの死亡に関してコメントしており、2回目の接種で若年男子2回目の接種で稀に心筋炎を起こす可能性があると述べている。

致死性不整脈とは、治療に緊急を要する危険な不整脈を指します。 なかでも、脈が異常に速くなる頻脈性不整脈の1つである 心室細動 しんしつさいどう になる方が多いといわれています。 心室細動は突然起こり、死に至ることもある危険な不整脈です。

心筋炎は,心筋が炎症をきたす疾患です. 病因としてはウイルス感染症によるものが知られており、それ以外では膠原病などが関与するが,不明の場合も少なくありません。 臨床像は無症状から心不全,不整脈、心原性ショックに至るまで多彩であり,突然死をきたすこともあります。 心膜は心膜腔に炎症が生じる病気です。

参考文献

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000816282.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です