和歌山市段水給水は9日の午前8時半ごろから順次、再開 給水にらあたり注意点はこちら

和歌山市で水道用の橋が崩落し、およそ6万戸で続く断水は9日で7日目です。
市が進めてきた応急の復旧工事は8日の夜に完了し、「配水池」と呼ばれる施設に水をためる作業が進められています。家庭などへの給水は9日の午前8時半ごろから順次、再開される見通しです。

10月3日、和歌山市の「紀の川」にかかる水管橋と呼ばれる送水用の橋の一部が崩落し、市の北部では市内の4割近くに当たるおよそ6万戸で断水が続いています。

和歌山市は応急的な復旧として、水管橋の東側に並行してかかる県道の橋に仮の水道管を設置し、送水ルートをう回させる工事を進めてきました。

市によりますと、工事は8日午後10時半ごろに完了し、現在、「配水池」と呼ばれる施設に水をためる作業が進められています。

家庭などへの給水は、当初予定していた午前6時より2時間半ほど遅れ、9日の午前8時半から順次、再開される見通しだということです。

和歌山市は給水再開の前に、台所や浴室などすべての蛇口を閉めておくことや、給水の開始直後に利用が集中すると水圧が不安定になるため、使いすぎを控えることなど注意を呼びかけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です