ドコモで全国規模の通信障害発生の原因が明らかに 完全復旧はいつ まだ繋がらないエリア発表 徐々に復旧する見込み

復旧後繋がらないのは混雑が理由

NTTドコモで14日午後5時ごろ、携帯電話の通信障害が全国規模で発生し、音声通話やインターネットなどのデータ通信サービスがつながりにくくなった。約3時間後の午後8時前に障害は復旧したと同社が発表したが、電話を使おうとする人が集中したことで、その後も利用しづらい状況が続いた。ネットワーク工事の作業中に起きたトラブルが原因という。

不具合はドコモ以外にも

不具合は、インターネットイニシアティブ(IIJ)など、ドコモ回線を借りる格安スマートフォン事業者のサービスでも起きた。ドコモは、自社サービスの契約数が約8千万件に上り、今回の障害は法令上の「重大な事故」に当たる可能性もある

NTTドコモからのお詫び

平素はNTTドコモのサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

2021年10月14日(木曜)午後5時0分頃から、ドコモの音声通話・データ通信サービスがご利用しづらい事象が発生し、ネットワークのコントロールをしておりましたが、10月14日(木曜)午後7時57分に 解除いたしました。
通信が混み合っており、一部のお客様ではつながりにくい事象が発生しておりますが、順次回復しております。
お客さまには、大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
弊社は今後もお客さまへの一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

1.日時
 2021年10月14日(木曜)午後5時0分頃発生
 2021年10月14日(木曜)午後7時57分より順次回復

2.対象地域
 全国

3.原因
ネットワーク工事の切り戻しに伴う信号量増大によるネットワーク輻輳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です