直木賞作家の山本文緒さんが死去、死因や本名が明らかに

プラナリア」などの小説で知られる直木賞作家の山本文緒(やまもと・ふみお、本名大村暁美=おおむら・あけみ)さんが13日午前10時37分、膵臓(すいぞう)がんのため長野県内の自宅で死去した。

 58歳だった。横浜市出身。葬儀は近親者で行った。喪主は夫の大村浩二(こうじ)さん。後日、お別れの会を開く予定。

大学卒業後、会社勤務を経て、1987年に作家デビュー。99年に「恋愛中毒」で吉川英治文学新人賞、2001年「プラナリア」で直木賞を受賞。03年にうつ病を発症したが、約6年の闘病生活を経て復帰。21年には「自転しながら公転する」で島清恋愛文学賞、中央公論文芸賞を受賞した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です