【速報】週刊新潮が山梨県甲府放火殺人の19歳少年の顔写真と実名公開 !甲府中央高校定時制4年生 生徒会長の【遠藤裕喜【(えんどうゆうき) 父親も犯罪者だった! 生い立ち、不登校理由 LINEブロックに殺意爆発

10月21日、週刊誌2社が、

山梨県甲府市放火殺人の犯人の実名と、顔写真を公開した。

甲府市で住宅が放火され会社員井上盛司さん(55)と妻章恵さん(50)の遺体が見つかった事件に関し、21日発売の「週刊新潮」が夫婦の次女への傷害容疑で山梨県警に逮捕された少年(19)の実名と顔写真を掲載していることが20日、分かった。

記事は少年の学校での様子などをまとめた内容。週刊新潮編集部は「犯行の計画性や結果の重大性に鑑み、容疑者が19歳の少年といえども実像に迫る報道を行うことが常識的に妥当と判断した」とのコメントを出した。

5月に成立した改正少年法は、18、19歳を「特定少年」と位置付け、来年4月以降に起訴されれば、実名や顔写真の報道が可能となる。

▼甲府夫婦放火殺人 「19歳生徒会長」闇の奥の素顔 犯行当日の地元紙を飾った「学園祭の雄姿」 被害家族「長女」に好意で「ティファニー」贈り物 LINEブロックに「殺意」暴発で「一家4人を殺す」 父親の「窃盗逮捕」で「両親離婚」「不登校」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です