アンジャッシュ渡部、佐々木希が離婚寸前と『週刊新潮』報道ネット上では様々な声が上がる 子供の顔や慰謝料代わり4億円マンション公開 離婚はガセか?

2017年4月に結婚を発表したアンジャッシュ・渡部建さん(49)と女優・佐々木希さん(33)が、

離婚寸前との情報を最新刊の週刊誌『週刊新潮』が報じており、ネット上では様々な声が上がっています。

「問題を抱えた芸能人夫婦のどちらかが新居を購入したり、子どもの教育環境を一新させるのは、離婚への一歩と見てほぼ間違いない。とはいえ、佐々木はいま離婚すると『調子に乗った夫を許して耐え忍ぶ妻』とのイメージが『どん底まで落ちた夫を見捨てた冷たい女』へと一変しかねない。それならむしろ、今後も夫を支えつつ、あくまで家庭を守る妻であり続ける方が好感度を維持できます」

『週刊新潮』によれば、昨年6月に渡部建さんの不倫スキャンダルがスクープされ、芸能活動自粛を発表して以降、夫婦の間では離婚話がくすぶっているといい

「今年3月には佐々木が約4億円のマンションを購入し、長男を幼稚園から高校までの一貫校に入園させたと報じられた。これが将来的な離婚への布石というわけだ」

佐々木は特に女性から絶大な支持があり、今後も1本1,500万というCMオファーが相次ぐはず。女優としても“一皮剥けた”と評判ですから、しばらく離婚はせず、慎重にタイミングを見極めていくでしょう」

ネットでは様々な声が上がった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です