松尾貴史が肺塞栓症で緊急入院 主演舞台「鴎外の怪談」12月3公演中止へ 「誰の祟りだ? 嫌われてるもんな、こいつ」ネットでも不人気さが露骨になる

<

タレントの松尾貴史(61)が肺塞栓症のため緊急入院したことが15日、分かった。所属事務所の公式サイトなどで発表された。主役の森鴎外役を演じる舞台「鴎外の怪談」の12月公演は中止となる。「二兎社公演『鴎外の怪談』に関する重要なお知らせ」と題し「鴎外役を勤めておりました松尾貴史が、肺塞栓症で緊急入院したため、以下の公演を行うことができなくなりました」と今月予定していた全国ツアー3公演の中止を報告。来年1月以降は上演を予定している。  

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0d9577f2a29cdf2baf22088ac8acecacedeab29

肺塞栓症は、血液のかたまり(血栓)や、まれに他の固形物が血液の流れに乗っての動脈(肺動脈)に運ばれ、そこをふさいでしまう(塞栓)病気です。 肺塞栓症は、一般に血栓によって発生しますが、別の物質が塞栓を形成して動脈をふさぐこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です