神田沙也加妊娠説はデマ?妊娠を確信させる5つの発言 恋人の前山剛久さんの鬼畜な言動

<

奇跡みたいな事が起こったとツイート

どんな事になるかわからないけど奇跡みたいな事が起こったとツイート。

こちらはのツイートは妊娠したのではといわれています。

普通奇跡みたいな事とかなかなか起こらないですし、かなり妊娠を匂わせていますね。

どんな事になるかわからない、この先が不安感が感じられます。

どんなことになるか分からないけど、今朝奇跡みたいに嬉しいことがあって、備忘録です。

感謝をしつつ自分を磨くぞ、がんばるぞ。

「奇跡みたいに嬉しいこと」=「妊娠の発覚」ではないかと噂されているようですね。

また、「どんなことになるか分からないけど」という言葉も、妊娠初期で不安定な時期という事もあり、今後の妊娠への不安と希望を寄せた思いなのではないかと深読みされているようです。

しかし、この投稿については、一部違う意見も出ています。

神田沙也加さんは、2022年4月に公演される予定の「銀河道999 THE MUSICAL」のメーテル役で出演が決まっていました。

ツイートされた2021年9月21日にそのメーテル役に決まり、まだ公には公表されていなかったため打ち明けることが出来ない中、感激のあまりツイートしたのではないかという憶測です。

確かに、ツイートの後半の言葉を見てみると、

「感謝をしつつ自分を磨くぞ、がんばるぞ。」

とありますので、「役をもらえたことに感謝して、これからの演技のために自分を磨くぞ」

という意気込みにも感じられますよね。

真相は分かりませんが、深読みできるツイートであったため、今回の妊娠説の理由として浮上したというわけです。

理由②誓約書の言葉

交際相手である前山剛久さんと交わした「誓約書」の内容が妊娠を匂わせているのではないかというものです。

神田沙也加さんは、恋人の前山剛久さんとの関係で悩んでいたといいます。

「沙也加は、前山さんとアイドル・A子さんとの“関係”に深く悩んでいました」(沙也加の親友)

引用:文春オンライン

前山剛久さんが神田沙也加さんと結婚をふまえた真剣交際をしていたにもかかわらず、元カノと連絡を取り続けていたようですね~。

そのため、神田沙也加さんは前山剛久さんに誓約書を書かせたそう。

誓約書の内容は、

  1. 元交際相手との関係を一切断つことを誓います
  2. 沙也加さんを傷つけた場合には全快するまでのメンタルケアを担う
  3. 子どもが生まれた場合、父親としての責任を離婚せず、果たすことを誓います

という内容があったんだとか。

神田沙也加さんと前山剛久さんが交際を始めたのは、2021年10月のこと。

そして、神田沙也加さんが前山剛久さんに誓約書を書かせたのが2021年12月。

わずか2ヶ月間という交際期間で、「子ども」「父親としての責任」「離婚しない」といった内容の誓約書を書くのは、かなり重たい気がします。

仮に、神田沙也加さんが妊娠していたと考えると納得のいく内容です。

そのため、神田沙也加さんが妊娠していたと考えるファンも。

また、誓約書の言葉遣いも注目されています。「子供が産まれたら

という箇所の言葉の言い回しについてです。

仮にまだ妊娠していなかったとすると、「子供ができたら」という言葉を使うのが自然なような気がします。

あえて、「子供が産まれたら」という言葉を使っていたことで、実は既に妊娠していたため「できたら」ではなく「産まれたら」の表現になったのではないかという推測ですね。

理由③遺書の内容

神田沙也加さんの宿泊してたホテルの部屋から「遺書」と見られる手紙が見つかっています。

誰もいない部屋の机に置かれていたのは、2通の封筒だった。

1通は事務所宛て、もう1通は“ある男性”に宛てたもの。

数枚の便せんに綴られていたのは、こんな言葉だった。

《女性にあんまり強い言葉は使っちゃダメだよ。一緒に勝どきに住みたかった。2人で仲良く、子供を産んで育てたかったです。ただ心から愛してるよ》

そして、男性が別の女性に心変わりしてしまったショック、自分が理想の女性になれなかったお詫び、夢見た未来がもう叶わない現実への無念や悲しみ……。

その遺書が、彼女の最期の言葉になった。

引用:週刊文春

女性にあんまり強い言葉は使っちゃダメだよ。

一緒に勝どきに住みたかった。

2人で仲良く、子供を産んで育てたかったです。

ただ心から愛してるよ

こちらの内容も、「子供を産んで育てたかった」という文面があり、妊娠を憶測してもおかしくない内容となっています。

既に神田沙也加さんは妊娠していて、出産して幸せな家庭を築いていきたいとおもっているけれど叶わないという悲痛な思いをつづっているようにも思えます。スポンサーリンク

理由④同棲を急いでいた?

前述した遺書の内容を見ると、2人で勝つどきに住むもうとしていたことが読み取れます。

一緒に勝どきに住みたかった。

2人のお付き合いがスタートしているのは2021年10月。

交際2ヵ月にも拘わらず同棲する計画を立てており、こうした事情も相まって妊娠疑惑の理由の一つとなっているようです。

確かに、わずか交際2ヵ月のカップルが「子供」や「同棲」の話題を持ち出すことは早いように思われます。

ただ、誓約書を作成する時点で沙也加さんが妊娠中だったと”仮定”すれば、親子3人で暮らすため家を構える必要があり、同棲を急いでいたのかもしれません。スポンサーリンク

理由⑤薬を控えていた

神田沙也加さんは、以前から心療内科に通われており、普段から精神安定剤を服用することもあったそうです。

彼女は最近も精神安定剤を服用するなど、感情の浮き沈みが激しかった。

引用:文春オンライン

しかし、公演のため北海道に滞在していた際には、日頃から服用していた薬を自宅に忘れていたことも判明しています。

沙也加自宅を出る際、日頃から服用していた忘れ、それが彼女の動揺に拍車をかけたという。

引用:文春オンライン

しかし、薬を持ってこなかった理由について、妊娠していたため薬を飲むことが出来なかった

為ではないかと憶測されているようです。

上記のような内容の記事がネットでは出回っていますが、全く根拠のないデマである可能性が高いです。舞台女優が妊娠して仕事をするでしょうか?

おそらく降板することでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です