【名護市長選挙2022】結果は?開票速報の情勢も調査!

名護市長選挙2022の開票結果

沖縄県 名護市(なごし)
名護市長選挙(2022年1月23日投票)
告示日:2022年1月16日
投票日:2022年1月23日
定数 / 候補者数:1 / 2
執行理由:任期満了
有権者数:
投票率:

※ 開票結果待機中。NO結果得票数氏名年齢性別党派新旧1ーー岸本 洋平49男無所属(立憲、共産、れいわ、社民、沖縄社大推薦)新2ーー渡具知 武豊60男無所属(自民、公明推薦)現

2022年 名護市長選挙の立候補者 2氏の情勢・公約・政策・プロフィール など

2022年1月23日投票の名護市長選挙は、いずれも無所属から、前市議の新人・岸本洋平氏(49歳)と、2期目を期す現職・渡具知武豊氏(60歳)の2名が立候補しています。選挙戦は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題を最大の争点として、「政府与党からの支援」を受ける「現職・渡具知氏」に、玉城デニー知事を支える「オール沖縄」勢の「新人・岸本氏」が挑む、与野党一騎打ちの構図となっています。辺野古移設の争点化から7度目の市長選となり、秋までに実施の県知事選と並ぶ最重要選挙。かつ、本年の参院選への影響も気になるところです。

岸本 洋平(きしもと ようへい)氏

岸本 洋平(きしもと ようへい)氏[無所属新人:49歳]

プロフィール(経歴)
前市議。履歴:琉心会 勝山病院 総務課。学歴:早稲田大学大学院公共経営研究科修了。推薦:共産・立民・社民・社大・にぬふぁぶし・れいわ推薦。

公約・政策・主張
「市民の力で、市民の暮らし、生命財産を守る名護市政をつくっていこう。全力で市民生活を向上させ、暮らしをよくする」と訴えています。

渡具知 武豊(とぐち たけとよ)氏

渡具知 武豊(とぐち たけとよ)氏[無所属現職:60歳]

プロフィール(経歴)
履歴:会社員・商工会青年部副部長。学歴:第一経済大学卒。推薦:自民・公明。

公約・政策・主張
「1期4年で多くのことを実現した。持続発展していく名護市をつくりたい。もっと輝くまちになるため勝たせてほしい」と訴えています。

【政治山】名護市長選挙2022の結果発表▼▼

名護市長選挙 – 2022年1月23日投票 | 候補者一覧 | 政治山

名護市長選挙の情報です。投票日は2022年1月23日。候補者の顔ぶれや選挙結果、投票率、当選・落選、得票数を速報します。

【選挙ドットコム】名護市長選挙2022の結果発表▼▼名護市長選挙 – 2022年01月23日投票 | 沖縄県名護市 | 選挙ドットコム

名護市長選挙の情報です。投票日2022年01月23日。候補者の情報から、選挙結果、得票数まで情報を網羅。自治体の情報など選挙に関連する情報が満載。イチニ株式会社(選挙ドットコム運営)

【名護市の選挙ページ】名護市長選挙2022の結果発表▼▼令和4年1月23日執行 名護市長選挙について | 名護市役所

名護市長選挙2022の結果発表と開票速報の仕組み

開票の結果を掌握するのは、沖縄県や名護市の選挙管理委員会ですが、その結果が自治体のホームページに反映される時間は、自治体によってまちまちです。総選挙のように、時間帯を区切ってリアルタイムに公表する場合もあれば、開票日の翌日になってから反映される場合もあります。開票結果が判明する時間帯は、午後8時以降、午後11時から午前0時前までには判明、というケースが殆どです。あとは、公表がいかに早くなされるかです。NHKや大手新聞各社がネット配信するニュースが最も早い傾向にありますが、選挙のポータルサイトが先行するケースもあります。選挙のポータルサイトで有名なのが、「政治山」と「選挙ドットコム」ですが、選挙ドットコムの配信の方が早い傾向にあります。

新聞社などのネット配信
▼▼
選挙ポータルサイト
▼▼
自治体のホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です