【炎上】大手芸能事務所HYBE(ハイブ)LE SSERAFIM、(ル・セラフィム)キム・ガラム(16歳)が「学校暴力は事実」被害者転校 活動停止に

【NEWSIS】大手芸能事務所HYBE(ハイブ)初のガールズグループLE SSERAFIM(ル・セラフィム)がメンバー、キム・ガラムの「学校暴力」加害疑惑によりデビューから18日目にして活動に支障を来している。 HYBE傘下のレーベルでLE SSERAFIMをマネジメントするSOURCE MUSIC(ソース・ミュージック)は20日、グローバル・ファン・コミュニティー Weverse(ウィーバース)で「LE SSERAFIMは同日予定されていたKBS第2『ミュージックバンク』出演や『映像通話サイン会』参加をしないことにした」と発表した。そして、LE SSERAFIMのメンバー(キム・ガラム)の疑惑浮上に対する会社側の見解は、検討が済み次第、近いうちに明らかにする、とも伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f9a975ac62303d703f86d92472582c850849c950

韓国の情報誌で詳しく報道している

グループル・セラフィムのメンバーキム・ガラムに学校暴力を受けたという被害者が直接口を開いた。

A氏は法律代理人法務法人大輪を通じて「キムガラムと友達から学校暴力を受けて他の学校に転学したが、本人のせいで強制転校に行ったという誤った噂と二次加害で極端な選択を試みるに至った」とキムガラムの学校暴力加害は事実だと19日明らかにした。

A氏側は最近、オンラインコミュニティに公開された学校暴力対策自治委員会の結果通知書は事実であり、キムガラムの学校暴力加害も事実だと明らかにした。

A氏側によると、キムガラムの学校暴力の加害事実を初めてオンラインコミュニティに暴露したのは第三者だった。

しかし、一部でこの暴言がAさんが書いたものと誤解し、「嫉妬心に陰謀する」と文を載せるとしたら、Aさんの写真まで公開して「墓の腕を準備せよ」と脅迫した。

ハイブとソスミュージックはキム・ガラムが学校暴力加害者ではない被害者だという立場を明らかにし、以後Aさんに対する陰謀、脅迫はさらに強さが激しくなった。

結局Aさん側はハイブに入場文を削除して入場表明をやり直すこと、Aさんに対する謝罪をするよう促したが、ハイブは別の立場を明らかにせず、ルセラフィムの活動を強行したと分通を破った。

A氏は現在続く苦痛に学校に自退意思を明らかにした状態だ。

法律代理人は「円満な問題解決のためにキムガラムがA氏に行った学校暴力の具体的な内容についての詳細な言及は省略されているが、ハイブで被害者に対する真の謝罪なしに「該当疑惑は悪意的陰謀であり、またキムガラムが被害者だ」という立場を維持し続けると、本法務法人は未成年者である被害者を保護するため、事案概要書を含めた学校暴力対策自治委員会の結果通知書の専門を公開し、事案概要書にはすべて記入しなかった当時、ひどかった学校暴力の実状について被害者の詳細な陳述及び集団家海現場で被害者を呼び出すための貪説などが込められたメッセージ専門を公開することも検討している」と述べた。

https://entertain.v.daum.net/v/20220519163108230