岡山市東区の市道の交差点で死亡事故 死亡した女子高生の顔写真を公開

女子高生が、車にはねられ重体。

22日午前7時ごろ、岡山市東区の市道の交差点で、自転車と軽乗用車が出合い頭に衝突した。

この事故で、自転車に乗っていた18歳の女子高生が頭などを強く打ち、病院に運ばれたが、意識不明の重体となっている。

警察は、前方の安全を確認していなかったとして、軽乗用車を運転していた看護師・直本賀子容疑者(46)を、過失運転致傷の現行犯で逮捕した。

現場は、見通しの悪い信号機のない交差点で、女子高生は、学校へ向かう途中だったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です