2022年地震予兆、東日本大震災再来か?専門家が東北大地震発生日時を予測

青森県で10月6日地震発生

青森県で震度5強の揺れを観測した地震について、気象庁の束田進也地震津波監視課長は午前4時50分から記者会見を開き、

「揺れの強かった地域では落石や崖崩れなどの危険性が高まっているので、今後の地震活動や雨の状況に十分注意してほしい。今後、1週間程度は最大震度5強程度の揺れを起こす地震に注意してほしい」

こう呼びかけました。

そのうえで「陸のプレートに沈み込む太平洋プレート内部で起きた逆断層というタイプの地震で、東日本大震災後に地震活動がとても活発になった領域だ。以前と比べ地震活動はだいぶ減ってきているものの、震災前と比べればまだ活発な状態が続いているので、今後の地震に十分気をつけてほしい」と話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です