【事故】ウエルシア岩瀬御領店の駐車場で、新任大塚秀喜市長(60)の乗った公用車が同市に住む男性会社員(44)をはねる

日午後0時55分ごろ、茨城県桜川市御領1のドラッグストア「ウエルシア岩瀬御領店」の駐車場で、大塚秀喜市長(60)の乗った公用車が同市に住む男性会社員(44)をはねる事故があった。桜川署によると、男性は軽傷、大塚市長と公用車の男性運転手(57)にけがはなかった。

署や市長公室などによると、公用車が発進したところ衝撃があり、確認すると男性が倒れていたという。

 市長はばんそうこうを買うために店を訪れており、近隣の祭りに参加するため移動しているところだった。

 大塚市長は「けがをなされた方のお見舞いを申し上げる」とのコメントを発表した。大塚市長は17日の市長選で3選を果たしており、30日から新任期。【森永亨】

茨城県真壁町(現・桜川市)生まれ。茨城県立土浦工業高等学校、中央工学校卒業。真壁町議会議員を3期、桜川市議会議員を2期務めた[1]。 2013年(平成25年)10月13日に行われた桜川市長選挙に真壁医師会の推薦を受けて立候補。「公設民営」による新中核病院建設を訴え、現職の中田裕ら2候補を破り初当選した[2]。10月30日、市長就任[3]。 2017年(平成29年)の市長選は第48回衆議院議員総選挙の影響で1週間延期され、衆院選と同じ10月22日に実施された[4]。元市議の榎戸和也ら2候補を破り再選した[5]。 2021年(令和3年)6月5日、体調不良を訴えPCR検査を受け、翌6月6日に新型コロナウイルスの陽性が判明した[6]。 2021年(令和3年)10月17日、新人2人を破り3選[7]。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です