放火・殺害予告受けアニメ「邪神ちゃんドロップキック」イベント中止 札幌 予告文公開

  • 2021年10月29日 17時51分

アニメ「邪神ちゃんドロップキック」が11月7日に北海道・安達学園大通公園ホールで開催予定だったイベントを放火・殺害予告を受けたため中止した。

アニメ公式サイトは29日、「11月7日に予定していた『サンキュードロップキック!in札幌』に対して、会場である安達学園大通公園ホールへの放火、及び出演者・来場者の皆さまに対する殺害予告がありました。本件について北海道札幌方面中央警察署に被害の届け出を受理して頂き、また警察からの助言、防犯指導を受けた上、会場側との協議の結果大変残念ながら今回のイベントの開催を中止することといたしました」と発表した。チケットをすでに購入している人々には全額返金するほか「心ばかりのお詫び」としてグッズを進呈するという。

「邪神ちゃんドロップキックは新型コロナの影響により約2年間ライブイベントの開催ができず、今回のイベントについてはファンの皆さまの期待に応えるため十分な準備をして参りました。にもかかわらずこのような結果となってしまい本当に申し訳ございません」と謝罪し、「特に遠方から来場を予定されていた方、お花やプレゼントをご用意頂いていた方のご準備が無駄になってしまうことに対してとても申し訳なく思っています」と悔しさをにじませた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です