2022年札幌雪まつりオンライン開催か?札幌市長:「今後の感染拡大の状況を踏まえると、通常開催はなかなか難しくなるのではないか」17日643人感染 中止の場合どうなる

北海道内では1月17日、新たに新型コロナウイルスの感染者が643人確認されました。  全国的に感染が拡大する中、気になるのがあと3週間ほどに迫った冬の祭典・さっぽろ雪まつりです。  2年ぶりにリアル開催される予定でしたが、ここにきて、心配の声が上がっています。  本田 祐里佳 記者:「大通公園の会場では予定通り雪像作りが進められています」  2月5日から開催される予定の「さっぽろ雪まつり」。  従来より縮小されるものの、観客を入れて開かれるのは2年ぶりで、会場の大通公園では17日も雪像制作が進んでいます。しかし…  秋元 克広 札幌市長:「今後の感染拡大の状況を踏まえると、通常開催はなかなか難しくなるのではないか」

「通常開催は難しい」との認識を示した秋元札幌市長

北海道札幌市の秋元市長は14日の会見で、全国から観光客が集まる雪まつりの開催に、懸念を示しました。  雪まつりを巡っては、2020年の開催後、道内で新型コロナウイルスの感染者が急増しました。  北海道内の感染急拡大を受け、再び無観客やオンラインでの開催も視野に再検討が進んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です