【神戸5人殺傷事件】の竹島叶実(かなみ)被告(30)に無罪(求刑無期懲役)判決、無罪理由や、遺族の声は?仮釈放までの期間を解説

 竹島被告は事実関係を認めており、刑事責任能力の有無が争点。  検察側は、家族らを襲った竹島被告に統合型失調症による妄想の影響があったことを認めつつ、犯行を思いとどまる能力は残っており、「心神耗弱状態にとどまる」と主張した。  一方、弁護側は竹島被告が妄想に支配され、行動を制御する能力を完全に失っていたとして「心神喪失状態で無罪」と訴えていた。  起訴状などによると、竹島被告は17年7月16日早朝、自宅で祖父、南部達夫さん(当時83歳)と祖母、観雪(みゆき)さん(同83歳)を金属バットや包丁で殺害。止めに入った母親(57)にも重傷を負わせた。さらに、近くの民家に侵入して辻やゑ子さん(同79歳)を刺殺。近隣女性(69)にも重傷を負わせたとされる。 引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

無期懲役で仮釈放が行なわれるのは、入所から30年経った後からです。更に、仮釈放がされること自体が稀で、2014年時点で1,800名程度いる無期懲役囚に対し、年間で10人に満たっていません。割合にすると、0.3%程度です。

 

確かに、無期懲役は死ぬまで刑務所に入れられるものではありませんが、刑務所から出られることも稀です。ですので、「無期懲役でも20年程度で出てこられて恐ろしい」と一概に言えない面があります。

https://keiji-pro.com/columns/53/

統合失調症は、考えや気持ちがまとまらなくなる状態が続く精神疾患で、その原因は脳の機能にあると考えられています。

約100 人に1 人がかかるといわれており、決して特殊な病気ではありません。

思春期から40歳くらいまでに発病しやすい病気です。

薬や精神科リハビリテーションなどの治療によって回復することができます。

https://www.smilenavigator.jp/tougou/about/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です