第57回 理学療法士国家試験 難易度 合格率 試験内容 回答速報 正答 ボーダーライン 合格後の流れ 受験者の声 2022年2月20日

第57回 理学療法士国家試験 難易度 合格率 試験内容 回答速報 正答 ボーダーライン 合格後の流れ 受験者の声 2022年2月20日 こちらが話題となっています。受験生の皆様おつかれさまでした。

■理学療法士国家試験の日程・時間

< 筆記試験 >
令和4年2月20日(日曜日)
午前 9:50~12:30
午後 14:20~17:00

< 口述試験および実技試験 >
令和3年2月21日(月曜日)

■理学療法士国家試験の出題範囲・問題数

試験形式:マークシートによる多肢選択方式

< 筆記試験 >
(1)一般問題
解剖学
生理学
運動学
病理学概論
臨床心理学
リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)
臨床医学大要(人間発達学を含む。)
理学療法

(2)実地問題
運動学
臨床心理学
リハビリテーション医学
臨床医学大要(人間発達学を含む。)
理学療法

第57回理学療法士国家試験の合格率,合格基準は?

理学療法士国家試験の問題数及び配点は次のようになっています。

■問題数
午前:100問
午後:100問
合計:200問

■配点
一般問題:1問1点×160問=160点
実地問題:1問3点×40問=120点
合計:280点

一般問題を1問1点、実地問題を1問3点とし、総得点と実施問題の両方で合格基準を満たせば合格できます。
※不適切問題のため合格基準は年により変動します。

合格基準(得点/満点)得点率
55回(2020年)・総得点167点以上/277点
・実地問題43点以上/120点
・総得点60.3%
・実地問題35.8%
54回(2019年)・総得点164点以上/272点
・実地問題41点以上/117点
・総得点60.3%
・実地問題35.0%
53回(2018年)・総得点165点以上/274点
・実地問題40点以上/114点
・総得点60.2%
・実地問題35.1%
52回(2017年)・総得点168点以上/280点
・実地問題43点以上/120点
・総得点60.0%
・実地問題35.8%
51回(2016年)・総得点165点以上/274点
・実地問題41点以上/117点
・総得点60.2%
・実地問題35.0%

■理学療法士国家試験の合格率推移

実施年受験者数合格者数合格率
2019年12,605人10,809人85.80%
2018年12,148人9,885人81.40%
2017年13,719人12,388人90.30%
2016年12,515人9,272人74.10%
2015年12,035人9,952人82.69%

解答速報

解答速報は下記ページで確認することが可能です

解答速報

PTOTSTワーカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です